CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

タイ古式マッサージ CHA-O

札幌市中央区南2条西8丁目鳥居ビル2階
(狸小路8丁目レオパレスホテル裏口隣)
011−221−5336
Open11:00〜24:00 不定休

Thai massage
  60min 4000 yen〜
Oil massage
  60min 5000 yen〜
Foot massage
  60min 4000 yen〜

ネットショップ→LINKS(PCは左側、スマホはmenuの記事にあるリンク)からご覧ください。
ルーシーダットンkasumi sanからのお知らせ
0
    〜1月から第2.4日曜日開催〜
    美と健康の国
    タイ発祥ストレッチ&エクササイズ ルーシーダットン

    独特な深い呼吸に合わせてゆったりと体を動かしていきます。
    一般的なヨガとは異なり、タイに古くから伝わる自己整体法とも言われるルーシーダットン。呼吸とポーズに合わせていくことで、より全身の血行が促進されて代謝アップに繋がります。体の調子を感じながら、気持ちよくストレッチしていきましょう。凝り浮腫みの解消、筋力アップやダイエット効果も期待できますよ。
    ルーシーダットンで体をほぐし、最後に仰向けの状態で脱力した後は、リラックスしたままでフットマッサージを。
    ルーシーダットンを続けていくうちに起こる身体や心、体調の変化などをご自身で感じてみてください。

    <Happy Sunday 14日&28日>

    1回目11:00〜
    2回目13:00〜
    3回目15:00〜
    4回目17:00〜
    ルーシーダットン50分 +フットマッサージ30分


    <定員> 各回2名様

    <料金>4000円(1名様)

    <持ち物>飲み物 タオル 動きやすい服装でお越し下さい。

    <場所>タイ古式マッサージCHA-O
    札幌市中央区南2条西8丁目鳥居ビル2階
    011-221-5336
    前日22:30までにご予約ください。

    皆様の参加お待ちしています。



    | - | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
    仕事帰り
    0
      寒さと戦いながら久々タイラーメン笑
      | - | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
      11月30日(木)
      0
        お休み頂きます゚・*:.。. .。.:*・゜
        | - | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ルーシーダットンkasumi sanの
        0
          体験レッスンでした゚・*:.。. .。.:*・゜
          1月から新しいメニューが増えます゚・*:.。. .。.:*・゜
          | - | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
          長い文はこれが初めてかも笑
          0
            マッサージとは、学び始めることは出来るが、決して学び終えることのないなにかだ。 それは、何処までも続いていく・・・ 経験は深まり、高まり続けていく。 それは、最も繊細なアート・・・ 技術の一つだ。テクニックの成熟度が問題なのではない。 それ以上に愛が問われる。 まずテクニックを学んでごらん。 学び終えたなら、テクニックを忘れ去ってしまいなさい。 そして、ただ感じ、感じるままに動いてごらん。 マッサージを深く学んでいけば、その90%のワークは、愛によって為され10%はテクニックによって為される。 ただ触れること、愛を込めて触れることで、身体の中の何かがくつろぐ。 その人を愛し、慈悲を感じるならば・・・相手の究極の価値を感じるのなら・・・ その人を正さなくてはならない 機械のように扱うのではなく、とてつもなく価値のあるエネルギーとして扱うならば・・・ その人があなたを信頼してくれ、自身のエネルギーと戯れるのを許してくれたことに感謝の念を覚えるならば・・・ あなたは、次第にオルガンを奏でているかのように感じられるようになる。 その人の 身体全体がオルガンの鍵盤となり、その身体の中にハーモニーが築かれていくのをあなたは感じるだろう。 そして、その人ばかりが癒されるのではない。・・・あなたも、また癒されるのだ。 マッサージは、この世に必要とされている。というのも、この世から愛が消えてしまったからだ。 かつては、愛する人が触れるだけで、充分だった。 母親は子供に触れ、その身体と戯れた、それはマッサージだった。 夫は妻の身体と戯れた、それはマッサージだった。 それだけで充分以上だった。そこには、心からのくつろぎと愛があった。 しかし、こうしたものはこの世から消えてしまった。 次第に、何処に触れたら良いのか、どう触れたら、どのくらいの強さで触れたら良いのか・・・・人は忘れてしまった。 事実、触れることは最も忘れられてしまった<言語>の一つだ。触れることはぎこちないものになってしまった。 何故なら、いわゆる宗教家によって、正にその言葉自体が汚されてしまったからだ。 彼らは「触れる」という言葉に、性的な色合いをもたせた。 その言葉は、性的なものになってしまった。 こうして、人々は<触れられること>を恐れるようになった。 誰もが、許可することなしに、誰からも触れられることのないように注意している。 そして今や、西洋ではこれと対極をなすものごとが起きている。 「触れること」やマッサージがセックスそのものになってしまったのだ。 今やマッサージは、セックスを覆う単なる表紙、包みになってしまった。 だが、実際には「触れること」やマッサージは性的なものなどではない。 それは愛の機能だ。 愛がその高みから落ちてしまえば、それはセックスになり、醜悪なものになってしまう。 だからこそ、祈りに満ちていなければならないのだ。 人の身体に触れる時には、あたかも神その人自身が目の前に横たわっていて、あなたは神に仕えているかのように祈りに満ちていなければならない。 全てのエネルギーと共に流れてごらん。 そして、身体が流れ、漂い、エネルギーが新たなハーモニーを築くのを目の当たりにすれば、今までに感じたこともない程の喜びが感じられるだろう・・・ あなたは、深い瞑想の内へ落ちていく。 マッサージをしている時は、マッサージだけすること・・・他のことを考えてはいけない、それは邪魔になる。 指や手の内に、あなたの全存在、魂が存在するかのように「ありなさい」。 マッサージを単なる身体に「触れること」にしては、駄目だ。 魂の全てが相手の身体の中に入り、貫くことで、深奥の「もつれ」が解放されるのだ。 そして、何より「遊ぶ」ようにして行うことだ。 仕事にしては 駄目だ、ゲームのように、楽しんでするのだ。 笑ってごらん、そして相手も笑わせてごらん。 「Hammer On The Rock by Osho」より抜粋
            | - | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
            雪かきから始まりました
            0
              この季節になると仕事が一つ増えます。
              お仕事開始です゚・*:.。. .。.:*・゜
              | - | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
              冬がきちゃったなぁ
              0
                のーんびりお仕事開始です笑
                | - | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
                11月17日(金)
                0
                  18時〜24時まで予約埋まってます。
                  ご検討ください゚・*:.。. .。.:*・゜
                  | - | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  11月15日(水)
                  0
                    お休み頂きます゚・*:.。. .。.:*・゜
                    | - | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    身体はもちろんですが
                    0
                      お店でいろいろ感じで欲しい゚・*:.。. .。.:*・゜
                      落ち葉゚・*:.。. .。.:*・゜
                      | - | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |